« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

タイルはり作業まとめ

タイル貼りをDIYしたいっ!という方々の参考になればと思い、自分でやったことなど色々まとめます。

ひとくちにタイルを貼るといっても、タイルを接着する→目地をいれると段階にわかれています。

~事前準備~

まず、タイルを貼りたい場所の面積をきちんと測ります。できれば図(手書きでOK)におこしておいた方が後々書き込めて楽だと思います。

タイルを貼るのに必要な材料は

 ・タイル用接着剤
  ・目地
  ・タイル本体

うちのキッチンのを例に出しますと、
  80×(127+80) =16560cm2
  80×4       =320cm2
       ⇒ 16880cm2 (約1.7m2)

私が貼りたかったモザイクタイルは、このようなシートになってます。

Photo

私が購入したのは25角レトロというタイプのものです。このタイルが1シート943cm2なので、
  16880÷943 =17.900318 ⇒18シート必要

目地材もタイルと一緒に『タイル 目地材 抗菌白』を購入。商品の詳細欄に25角は8~11シート分と書いてあるので、目地は2つ+失敗分も考慮して3つにしておきました。

接着剤はネオピタという接着剤をタイルと一緒に購入。目地が白なので接着剤も白を選択
一本/約1~1.5平米分です。 (1本2kg アルミ袋)なので、一応多く見積もって2本を計算。

ちなみにタイルオンラインという楽天のお店で購入しました。

~タイルを貼る~

タイルを貼っていくと、タイル自体をカットしなければタイルが貼れない部分があります。
そこに関しては、自分が貼っていく場合のズレなどは簡単に計算出来ないので、シートのものを貼った後に、個数やセンチを数えて後から発注します。こちらも同じお店でカットをお願いしました。

タイルを接着剤で貼る前に準備しておくべきもの
 ・ビニール手袋→これは絶対つかってください。手がとんでもないことになります。
  100均でOK
 ・タイル用ヘラ

  これは絶対買った方がいいです。私はこれをケチったが為に、接着剤とのあくなき戦いがおこなわれました。。。。
  ・マスキングテープ
  ・養生シート

いざ貼る段になると、かなりあせりだしてしまうので事前準備はしっかりしましょう。
接着剤を開ける前にタイルの厚み分を考えながら、マスキングテープを貼っていきます。それと共に養生シートも置いていきます。
できるつもりでも接着剤がボタボタ落ちてしまったりするので、ここの作業はできるだけ丁寧にやった方がいいとおもいます。

実際の貼り方はこちらのURLを見てやりました。

http://item.rakuten.co.jp/tileonline/c/0000000149/

http://ameblo.jp/lovely-style-blog/entry-10910380565.html

ただし、平面を塗るのと、垂直に塗るのは違うので、基本的にこぼれることを意識しながら作業を行った方がいいです。

ここから24時間以上乾かします。

私はここで、地道にカットが必要な個数分のタイルを数えてメールにてお店に見積もり依頼をし、届いたタイルを貼って24時間乾かしました。

☆接着時に気をつけること。

 ・壁ではなくタイル側に接着剤をつけると、シートを剥がした後に、
  目地材を入れる予定の隙間から接着剤が飛び出してくるのでやめましょう。
 ・接着剤が少なすぎると、後々接着面が浮いてきてしまって補修が必要になる。

 基本的にきちんとタイルヘラを使えば問題はないと思います。この段階でタイルにすこしくらい接着剤がついてしまっても、後で目地を入れるときに目地と一緒にキレイに取れるので1つ1つ格闘しなくても大丈夫です。

私は格闘してすごい時間かけてしまいました。

~目地を入れる~

目地入れは、接着以上に時間との勝負です。事前に以下のものを用意しておきます。

 ・ボール(100均でOK結局そのまま捨てざるを得ないので、捨てていいものに)
 ・ゴムヘラ(スポンジでも代用可能ですが、できれば↓のようなゴムヘラもあったほうがいいと思います。)

 ・もんじゃヘラ(100均でOK、細かいところのを取り除くときに使えます。)
 ・ウエス(タオルとかよりTシャツのような生地のほうがいいです。私はホームセンターで↓のようなウエスを購入しました)

垂直に縫っていくので、どうしてもポタポタと落ちてしまいます。
下から上にむかって目地をいれていくとキレイに入れられます。またちょこちょこ穴が開いてしまいますが、あとで布で拭く際に、手でいれていくとキレイにカバーできるのであまり神経質になりすぎなくて大丈夫だと思います。

参考URLに書いてありますが、目地をいれて30分くらいしたら固く絞った布で拭きます。ただし、私の使った目地材はこの時点ではかなりグズグズだったので、タイル表面に付いた目地材をふき取りながら、穴があいてしまった部分に目地材をすりこむ作業を塗った順におこなっていきました。

表面がかなり乾いてざらざらしてきたら(おそらく塗ってから1時間程度)、本格的にきつく拭いていきます。この際にタイル表面についた汚れや接着剤などをきれいにふきとっていけばかなりきれいになります。

また、コーキングまでやる場合には、コーキングするの目地を少し薄めにするとキレイにできそうな気がします。

~コーキング~

そもそも、コーキングという表現が正しいのかはわかりませんが、要するにタイルを貼った角や隅の周辺をゴムで囲む作業です。
コーキングはコーキングガンという銃みたいなタイプのものもありますが、私は手で搾り出すタイプのものにしました。

 ・シリコンコーキング材

 ・コーキングヘラ

これについては、何のコツもつかめませんでした。おかげでちょっぴり汚くなっちゃいましたし、以前に施工してもらっていたコーキング材はアイボリーだったのに、ホワイトでやっちゃったりとてんやわんやでしたが、それもご愛嬌。。。。

目地材がぽろぽろ落ちてきたりしなければ、あえてむりやりコーキングする必要はないかもしれません。

とりあえず、こんな感じでした。参考になれば幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイル貼りに挑戦してみました

設計の時になんにも考えてなくて、洗面所にタイルを貼ってなかったプラスキッチンのタイルの無い部分に油が飛び跳ねて壁紙がケチャップ色になった部分が。。。。

(ただしここは通常はタイルは貼られない部分。ただ、うちは紙クロス(塗装下地用の)なので、油がそのまましみこんでしまって汚くなってしまうのです。)

最初は建ててもらった工務店さんに見積もりだしてもらってやってもらおうかなと考えていたのですが、なんとなく高そう。。。

日曜大工が好きなので、自分でできないかなとネットで検索してみたら親切な方々が色々のせて下さっていたので、それを見ながらDIYすることにしましたcatface

学生以来ぶりに面積の計算をし、タイルシートの枚数の計算と、接着剤の必要本数、目地材の必要個数を計算し、発注pc

Photo

Photo_5

こちらがマスキングをして、貼り付けたタイルたちです。さすがに緻密な計算はできないので、それぞれの位置でどのくらいのカットしたタイルが必要なのか、数を地道に数えました。

Photo_4

モザイクタイルをカットしたいと相談したところユニディのおばちゃんに「あんまり小さいのはむずかしいよ」といわれたけれども、カット用の鉛筆みたいなやつを買ってみて挑戦。
結果無理でした。
このタイプのモザイクタイルは硬いし、小さいので、電動ドリルのような機械でやらないと無理みたいということがわかったので、購入したタイルオンラインというお店に問い合わせして、タイルを上の個数カットしてもらいました。

タイル自体は11×11の1シートで450円なのですが、カットの手間賃とか色々高くて7000円くらいかかったと思います。まぁ自分で100個以上のタイルをカットするのはさすがに無理だったので、必要経費ということでcatface

Photo_6

Photo_7

Photo_8

カットしたタイルも貼り付け24時間まってから、キッチンと洗面所の目地入れ完了!目地入れはタイルを接着剤で貼るのより時間との勝負だったのでとても緊張しながらやりました。

ただ、キワキワのところが濡れてしまって、一部の壁紙がマスキングテープとともにはがれてしまうというハプニング発生!
あわてたところでどうにもならないので、仏像のように固まってみたりしたgawk

コーキング前に対策を考えることにしましたが。。。。うむ

Photo_9

キッチン側、完成。やりきった感はありますね。大変だった。

Photo_10

写真だとわかりづらいけど、ここも壁紙がびよーんとはがれてしまったので、予備の壁紙を貼ったけど、うまくできず。。。でもここはそんなに目につかないからいいとしよう!

エプロンで隠す作戦!!!!

Photo_11

キッチン上側コーキング、こちらも一部壁紙がはがれちゃったりしてて、失敗。

Photo_12

洗面所の完成の様子。一応コーキングも終わってますが。。。。

Photo_13

洗面所の上側。やはりコーキングは難しい。。。。

Photo_14

ここのキワとか。。。美しくない

Photo_16




Photo_15

でも、ちゃっかりムーミンタイルは紛れ込ませてますlovely

もう当分タイルはいいやという感じです。とーーーっても大変でした。
お願いするといくらくらいかかるのかはわかりませんが、自分でやると道具代も込みで30000円くらいで出来ます。

タイル職人さんはすごいなーと思いながら、結局日数をあけながら、自分と葛藤しながらやってたので、実働時間は3日間くらいですが、3週間くらいで完成したという感じです。

まぁ、これでやっとダンナさまも洗面所でこころおきなくジャバジャバできるということでね。結果オーライとしましょsmile

ちなみに、来週2年点検です。そのときに、2階と3階のベランダに水道と電気を設置した場合の見積もりをお願いする予定です。ガーデニングやら色々やっているのでやっぱり必要になりました。

はぁ。最初からつけとけば良かった。。。完全にヌカリマシタsad

いくらかかるのか皆目検討も付かないので、ひやひやものですdown

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グリーンスペース&ほうき購入

WOODPROで注文していた、杉板の足場材で作られたラックと板が届いたので、キッチンにとっちらかっていた、食用でないグリーン達を2Fテラス側の窓に移動しました。

Photo

使用前


Photo_2

使用後


Photo_3

板の上には植物とIKEAの温室のSOCKERを置いてあります。


Photo_4

こちらは、どんどんモリモリになっていくクラッスラ属の『火祭り』そのとなりは、いま復活にむけて励んでいるので別日にアップしますねclover


Photo_5

温室内には、おくらとトマトの苗を。こちらも今週移設予定apple


Photo_6

もりもりの『ベビーティアーズ』ちゃん。とってもかわいいです。もっと整えてあげるといいんだけど、かわいくてカットできてません。カットして株分けしようかなーbud


Photo_7

これは『ペペロミア ロツンディフォリア』このこはホントにトラブルゼロってくらい強い。しらべてみたらほふく性みたいなのでつるして飾ろうと思ってます。

Photo_8

テレビボードには『アスパラガス・ナナス』これも最初枯れたりしたけどそれからは健康になって、もりもり増殖してます。

植物は小さなころから育てたことがなくて、この家に引っ越してきてはじめましたが、2鉢くらいはカラカラにしてしまってかわいそうなことをしてしまいましたweep
鉢植えを育てるのは案外難しいことなのだそうで、初心者はできるだけ大きい鉢の植物を育てた方がいいらしいことを先日知ってびっくりしました。

最近はコツを覚えたのか、それぞれの植物のペースにあわせて水遣りができるようになりました。おかげでいろんな植物がモサモサになりすぎて困ってます。

もうちょっと上手に育てられるようになったら株分けなどをして、カワイイ鉢に入れてお友達にプレゼントしたいななんて思ってますsmile

そしてそして、掃除機の新しいのを購入したいとおもって色々調べてたんですけど、ちょっとほうきを購入してみました。

Photo_9

こちらはシュロほうきというもので、大切に使えば20年30年ともつそうです。


Photo_10

本当は柄の部分が竹でしぶーい感じのほうきなのですが、2g(にぐらむ)というお店とのコラボ版で柄が木のものがあったので、ちょっと割高ですが、購入しちゃいました。夜におもいたっても簡単にお掃除ができるし、うるさくないので休日もダンナさまにプレッシャーをかけることなく掃除ができます。


Photo_11

これでちょっとはお掃除がんばれるようになるかなー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンネックレスを飾る

ずっと欲しいと思っていましたが、うまく飾る&育てる自信がなかったので購入を足踏みしていたグリーンネックレスを先週購入しましたhappy01

Photo

水分を与えすぎない点だけ注意すれば割と育てやすいんだそうです。

大きいのだと2000円くらいしますが、小さめのものなら800円くらいで買えます。自分で大きくすればいいかなと思い、800円のをチョイス!
さて、どう飾ろうか。。。。

やっぱりつるして飾りたいと思いつつも、いい鉢が見つからず。ふと思いついたのが、スタバのプラカップに穴をあけて吊るすでした。
Photo_2

という訳で、スタバでお茶しましたcatface
まずは、カップと植物の差のぶんだけいつものセラミスで埋めますbud

Photo_4

そこに鉢底ネットで沈みこまないようにします

Photo_5

カップに穴をあけたら、麻紐をとおします。

Photo_3

Photo_6

珍しいので以前に購入したブルーの麻紐にしました^^

Photo_7

洋折釘を壁につけます(今回は柱)。で、ひっかけました!

Photo_8

Photo_10

本当は上の方までセラミスで埋めたかったけれども意外に隙間がなかったcoldsweats01
もっとツルが伸びてきたらもっともっと素敵になると思います。

なにやら繁殖力が強いらしいので自分で増やすことも計画中lovely

明日には、植物用のモロモロが届くのでこの付近は植物コーナーにする予定です~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IKEAで購入しました

IKEAにはたまーに行くのですが、行くとテンションがあがりすぎてしまって困りますcoldsweats01
キッチンの釣り棚の雑然さをどうにかしたいなと思っていたのですが、無印の密閉瓶は高くて、ちょこちょこかっても数そろえるのは大変だなと思っていたら、IKEAで149円で売ってました。わーおcoldsweats02

ということで8つ購入。

こんな感じです

Photo_20


Photo_21

やっぱり缶とかより、瓶のほうが、視界が邪魔されなくていい感じがしますcatface

そして、『先日つくったベッド横の棚に読書用のライトが欲しいな。』と思っていたらIKEAにありました。思い切ってブルーを購入、JANSJOというシリーズのものです。

Photo_22

IKEAだからと侮るなかれ、結構強く光るので、読書しやすいです。1500円ほどでとってもお手軽!
季節で色をかえても面白いかもしれません。秋冬は赤で春夏はブルーなど。。。smile




| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチン植物の鉢を入れ替えました

キッチンで育てている、タイムとローズマリーの鉢を替えることにしましたbud

Photo_14


左側の金属製のポットに寄せ植えしていたのですが、タイムが旺盛すぎて、ローズマリーが負けてしまうので、別々のポットにいれることに。

IKEAで購入したミルクピッチャーに植えますjapanesetea

Photo_15

まずはポットの下に湿気がこもらないように鉢底石をたっぷりいれます。


Photo_16

隙間と、土表面が見えないようにする為にセラミスという土を入れます


Photo_17

できました~happy02

Photo_18

かわいらしくて、キッチンにも合う感じです!!


Photo_19

ちなみに、庭で育ちすぎてしまったローズマリーはポプリや入浴剤として使えるらしいので、歩道に飛び出てしまっているローズマリーを収穫して洗って、乾燥させることにしてますー

とってもいいにおい (*^ ^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダ菜園はじめました

ベランダ菜園はやってみたいと思ってたんですが、虫は怖いし、手がかかりそうだし、どうしようかなと思っていました。ただおととしにトマトつくってちょっと楽しかったということもあり、今回は本格的にチャレンジしてみることにしました。

苗ではじめるほうがお手軽ですが、種から双葉が出るのもとーーっってもかわいいので、どちらもやってみることにしましたlovely

たねからはミニトマト、おくら、アスパラ

Photo_12

たねからやる場合は、できれば芽がすこし成長するまでは、室内でやることをオススメします。土からできている苗用ポットに腐葉土を入れて、種を1鉢につき2~3粒程度いれました。だいたい2~3週間でこんな感じになります。

だいたいこれくらいそだったら、外のプランターに入れてあげます。

Photo_13

後ろは苗から購入しているなすとパプリカ、葉物はプランターにそのまま撒いて育ててます。ルッコラと小松菜とつまみ菜です。

葉物はかなり簡単でプランターなら虫がつくこともあんまりないので、初心者にはおすすめ。収穫が早いというのもいいところですscissors

左下にいるのが、トマト待ちしているバジルの苗です。これはすでにそだっているので収穫もすでにできるので、ちょっと得した気分ですbud

3階にもベランダがあるので、本来であれば、そこでそだてる方がいいのですが、やっぱり目に付くところにないと、異変に気づいてあげられないので、まずは2階から始めました。

ちなみに、後ろのベンチの上にあるプランターはホームセンターで買った木のプランターに黒板塗料で色を塗ったものです。

下のプランターはWOODPROというお店の足場材を使用したプランターです。ちょっとかっこいいので値段はしますが、かってしまいました。

プランター栽培は楽しいので、ダンナ様と相談して3階にもプランターを設置することにしました。この足場材を使用したプランターをプラスもう2鉢購入して、屋上でミニ大根とトマトを育てる予定ですcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まじょの建物探訪@番外編

今回は番外編となります。

まじょのだんな様の弟さんのおうちが完成したとの事で、だんなさまのお母様の誕生日祝いと共に新居祝いもかねて、伺ってきました!!!
(兄弟で注文住宅なんてっぜいたくぅ~)

内装は、モロッコ風でまとめているということを事前に伺って行ったのですが、玄関に入ってすぐに素敵なモロッコの風が・・・・

Photo


Photo_2

シュークロークになっているそうです。こういう風にカーテンがあると、ワンクッションあって乱雑さがなくなりますね。棚の横に飾りなどもあって、日常を忘れられる感じでいいですね。

Photo_3

こちらは2階リビングダイニングです。なんと階段下はすべて収納になっているそうで、まるい小窓をあけると、中に大容量の収納になってました。大家族で育ったので、私であれば住めそうですhappy02
扉の手前の部分は、ちょっとしたソファーのようになっていて、ダンナさまがここで寝るだろうと、みんなで予言。。。。予想通りお酒を飲んで暴睡してましたcoldsweats01

Photo_4


こちらはキッチン側、カウンターキッチンになっていて、リビングスペースを大きく使えるようにされているそうです。

壁は漆喰で、質感がとてもきれいでした。

Photo_5

Photo_6

同じく2階にある洗面台です。このタイルもモロッコチックでとってもカワイイheart04

色がたくさんあると、汚れとかも目立たなさそうでいいですよね。

Photo_8

洗濯機上のラックの脚(?)もテイストがそろってますね!!

トイレは2階と1階にひとつずつです。それぞれ色違いの壁紙が貼られていました。

Photo_9

Photo_10

だんなさまはタンクレストイレが欲しかったので、「いいなートイレいいなー」と繰り替えブツブツ唱えていて、家族からどこにこだわっているのかと突っ込みをうけてましたcatface

家の設備というのは日進月歩で、どんどん新しい設備になるんですね。設備に対してのこだわりが色々見られて楽しかったです。

びっくりしたのはスイッチ、アメリカンタイプのホタルスイッチなるものが出ているそうで、新しいものの便利さと、古いものの形の良さのいいとこどりでした

Photo_11

とても居心地の良いおうちで、時間がたつのがあっという間でした。

家というのは一生もの。色々大変なこともあるけれど完成したときの感動はひとしおだと思います。私も竣工したときのことを色々思い出して楽しくなりました。
きっとこれからも飾りを楽しんだりしていい日々をすごされるんだろうなぁなどと妄想してニヤニヤ。。。。

我が家もがんばってきれいにしないとなと思いました!!!

また遊びに行きたいlovely lovely lovely

竣工おめでとうございますっ!!また呼んで下さいねhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おしゃれに本の棚をベッド際に作成の巻

夜寝る前に本を読む習慣があるのですが、その時、ちょっとした飲み物などが置ける棚があると便利だなとずっと思ってたのですが

Image_3

↑の様に、ダンナさま側は空間があるので、棚があっても良い感じになるのですが、まじょ側は壁なので、棚があるとちょっと不自然な感じがしますwobbly

何かいい方法はないかとネットで検索したところ、L字金具に新書をセットして何冊か積み上げてそれを棚として使用するというやり方を発見eye
棚でーす!って感じがしなくていいなと思い、いざホームセンターへ…

Image_4

金具をゲットしました。結構ジャストなやつがなくて探すのに時間かかりましたcrying
そして、BOOKOFFで本を物色
本当はおしゃれな洋書で、ちょっと派手めな配色のやつがいいみたいでしたが、そんなものはBOOKOFFにあるわけがないので、100円でうってるカバーがカワイイ新書を選びました。
小川糸の『食堂かたつむり』と赤川次郎の『鉄道員』と森絵都の『いつかパラソルの下で』をチョイスしました。

Image_2

↑ベッドの柵ギリギリに金具を設置。石膏ボードのみで、合板が入ってなかったので、アンカーボルトをいれたりしてちょっと苦戦wobbly

Image

↑本を上に載せてみました。中々自然でよろしいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »